自動車保険 安い 比較

保険料が高くなりがちな車両保険を限定的なタイプに変更する方法

 

 

車両本体に掛かる保険(=車両保険)は高いです。またこの保険金額をいくらかけるかと

 

いうのは残念ながら契約者が決めることができず、自分の車の年式や車種(型式)で決ま

 

ってしまいます。

 

 

車両保険が高いもの・・・  スポーツカー・高級車・輸入車
車両保険が安いもの・・・  ファミリーカー・軽自動車などの小型車 

 

 

それでは車両安くする方法がないかと言うと二つあります。

 

@車両保険で補償される範囲を限定する方法

 

Aあらかじめ免責金額を設定する方法

 

 

 

@車両保険で補償される範囲を限定する方法

 

・一般車両保険
・エコノミー車対車+A特約
・エコノミー

 

 

 

Aあらかじめ免責金額(一部契約者が自己負担する金額)を設定する方法

 

(例)車両の修理代金15万円−免責金額5万円=実際保険金は10万円支払われる

 

もちろん免責金額設定しない場合、15万円支払われます

 

【免責金額設定パターン】

 

・免責金額0円〜10万円

 

・免責金額5万円〜10万円

 

・免責金額10万円

 

・免責金額15万円

 

 

車両事故の場合、相手がいて相手に過失がある場合には、相手から回収出来る金額は
免責金額部分に充当されます。
免責金額部分(=契約者自己負担金額)が相手の負担金額が
多ければ多いほど少なくてすみます。

 

 

 

ポイントとしては、なるべく@では補償される範囲を広めの一般車両保険や
エコノミー+A特約を選び、A免責金額を設定するのが賢い選択かもしれません。

 

 

年間走行距離の見直しする方法のページに進む