自動車保険 安い 比較

免責について

 

 

 

免責とはどういうものなのでしょうか?
商法上の『保険者免責』とは『保険会社は保険金支払いの責任を
免れる』という意味です。地震や台風など特定の大規模災害や
故意や重過失がある場合など契約内容によって保険会社は
保険金を支払いないケースがあります。

 

 

その他で自動車保険の中で車両保険や対物賠償保険などで
免責金額を設定することができる契約があります。
具体的には自動車保険を利用して事故の処理を行う際にも
自分で負担するお金(免責金額)を設定することで保険金の利用
を減少させたり、なくしたりすることが出来ることを言います。

 

 

【免責金額設定の具体例】

 

 

ガードレールを壊した修理代(10万円)-免責金額(6万円)
=保険金(4万円)

 

 

※実際免責金額を設定しないと10万円が保険金と支払われますが、
  これにより、次年度の保険料アップや等級に影響します。
  免責金額を設定することでその影響を軽減やなくすことが
  可能になります。

 

 

 

自動車保険の免責をなくしたり、設定を低くすることは可能ですが、
自動車保険の免責がない自動車保険はそれだけ保険料が高くなりますから
その点は理解した方がいいと思います。
事故をした時に自分の負担額を抑えるために入っているのが自動車保険ですが
自動車保険の免責があるからこそ、自動車保険の保険料が安くなっている
ということを覚えておくといいと思います。
人によって自動車保険の免責というのは違っていますから、
どれくらい自動車保険の免責を設定するかは自動車保険加入時に
よく考えておくことが大切です。